音楽を愛してくださる皆様へ Creators To Consumers [c2c:はじめの一歩]

著作権法改正案の参議院での可決成立にあたって 「違法な音楽ファイル等からのダウンロードは違法」とする、著作権法改正案の参議院での可決成立にあたって

6月12日に参議院本会議で、著作権法の一部を改正する法律案が可決、成立しました。これにより、権利者の許諾を得ずに違法にインターネット上にアップロードされた音楽や映像を違法と知りながらダウンロードすることは、個人の私的使用目的だとしても違法となります。施行は来年1月1日からです。改正法では違法な海賊版DVD等に関しても、販売だけでなくインターネット上での競売への出品や広告も禁止しています。

弊センターでは、インターネット上における音楽・映像の流通が健全に発展するために、違法録音録画物、および違法配信からの私的録音録画については、著作権法30条の私的複製の許容範囲から除外するよう、機会あるごとに訴えてまいりました。この度著作権法の改正案が可決、成立したことは大変喜ばしいことであり、関係各位のご支援、ご努力の賜物と、御礼申し上げます。

弊センターでは、違法音楽配信対策として昨年(平成20年)より開始した「MUSIC GUARDIANS」の活動を通じて、法律改正の趣旨を広く周知するべく、広報・啓発に努めてまいります。

今後とも関係各位のご協力の程を、宜しくお願い致します。