音楽を愛してくださる皆様へ Creators To Consumers [c2c:はじめの一歩]

Event Report03

ドルチェ・デ・ムジカ+大竹英二

 「アーティストを含む【Creator】から、音楽を愛してくださる【Consumer】の皆様方へ、【絆】や【補償金制度】に関する考え方を発信してゆくイベント」として、8月24日(金)、東京・丸の内ビルにおいて、CPRAの主催によるイベント『Creators To Consumers:はじめの一歩 音楽の絆』の第3回を実施いたしました。

 第3回目の今回は、丸ビル1Fイベント広場でのライブを開催しました。出演アーティストは、クラシックの女性トリオ「D.d.M」ことドルチェ・デ・ムジカと、ハーモニカの大竹英二とのジョイント・ライブになります。ドルチェ・デ・ムジカはヴァイオリン・Natsu、チェロ・Haruna、ピアノ・Michikaの若き3人組。幅広い世代にクラシックを気軽に楽しんで聴いてもらうことをコンセプトに、馴染み深い名曲や古典クラシックをカジュアルにカバーして演奏しています。大竹英二は、2001年国際ハーモニカコンテストで優勝した実力派アーティスト。18:00から「彼こそは海賊(パイレーツ・オブ・カリビアン)」でスタートしたステージでは、「テルーの唄(ゲド戦記)」「風の谷のナウシカ」等、スタンダードな名曲を次々と披露。今回も、丸の内周辺に勤務する人々を中心に、数多くの観客を集め、音楽のある時間の豊かさとともに、私的録音補償金制度の存在意義をアピールするひとときとなりました。